広角レンズよりも先に生えたのは400mmの超望遠ズームでした

ども、北村(@kitamura_sa)です。

α7 II用のレンズがFE 85mm F1.8の1本しかなかったところに、シグマのMOUNT CONVERTER MC-11を手に入れた。おかげで、50mm F1.4 DG HSM | Art、マクロ 105mm F2.8 EX DG OS HSM、APO マクロ 150mm F2.8 EX DG OS HSMの3本がα7 IIで使えるようになって、フルサイズライフがぐぐっと充実してきましたよ。というのが前回までのお話。

問題は、持ってるレンズが標準から望遠ばかりで、広角がまるっと足りないこと。なので、次は広角系のレンズを増やさねばと思っていたんですけど、なぜか望遠ズームが生えてしまったんですね。困ったもんです。

ブツはシグマの100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary。もちろん、MOUNT CONVERTER MC-11に対応するSGV(シグマ グローバル ビジョン)レンズのひとつで、「ライト・バズーカ」という愛称が付けられてます。軽快な超望遠レンズというような意味合いです。

新しく生えたシグマ100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary。こちらはシグマsd Quattroに装着したところ。お値段は税別105,000円ですよ。

さて、カメラ業界ではだいたい焦点距離が300mmぐらいまでのレンズを「望遠」、400mmぐらいからのレンズを「超望遠」というふうに区分けします。100-400mmは超望遠となる400mmをカバーするので、超望遠ズームというカテゴリーに入ります。

基本的に、レンズは焦点距離が長ければ長いほど、大きく重くなっていきます。あまり大きくなりすぎたり、重くなりすぎたりすると使い勝手が悪くなるので、メーカーの人たちは頑張って小型軽量化をやってます。シグマはそのへんをさらに頑張った。というわけです。おおざっぱな説明ですけどね。

小型軽量化したといっても、超望遠なので、それなりに大きさも重さもあります。ライトなのは愛称だけで、実際のところは1kgを超えてます。けっこうずっしりしてます。でも、ほかのメーカーの同じクラスのレンズは平気で1.5kgとかあったりするんで、そういうのと比べればだいぶ軽いです。

軽いといっても超望遠なので、簡単にあつかえるレンズではありません。手ブレ補正は内蔵してますが(補正効果がどれぐらいなのかは公表されてません)、それでも手持ちで撮れるシーンはかぎられます。手持ちでダメなら三脚で、と思っても、へたな三脚だと力負けして、揺れたりたわんだりしてしまいます。つまり、ブレるわけです。

ようするに、いくら小さい、軽いといっても、超望遠ズーム。ひょいひょいと気軽に撮れはしません。動きものを撮るには便利でしょうけど、ワタシの場合、そういう機会はそんなにはありません。というのもあって、手を出さないでいたんですね。

付属のレンズフードを装着した状態。これでいちばん短い状態です。

ぐいっとズームして400mmにセットした状態。けっこう長く伸びます。

それが、ちまたの評判に耳を傾けてみると、なかなかにいいっぽい。AFのスピードはもうひとつだと聞いていましたが、そんなに俯瞰的になるほど遅くもないとのウワサ。使うボディがシグマsd Quattroならスピードを気にするような撮影はしません。というか、できません。

が、MC-11経由でα7 IIに付けると、それなりに動くものもいけるらしいという話も聞こえてきます。シグマにはUSB Dockというアクセサリーがあって、これにSIGMA Optimization Proというソフトウェアを使うと、パソコンからレンズの機能をいじれるんですね。

いろいろ操作スイッチ類。ピント合わせのモードや手ブレ補正のオンオフとかもあります。

SIGMA Optimaization Proソフトウェアの画面。別売のUSB Dockを使って接続します。ファームウェアのアップデートとかもここでできます。

SIGMA Optimaization Proソフトウェアでは「AF速度の調整」「フォーカスリミッターの調整」「OS(手ブレ補正)の調整」ができます。

具体的には、AFのスピードやフォーカスリミッター(ピントが合う距離の範囲をわざと狭くすることでAFを速くする仕掛け)、手ブレ補正の特性を変えられる。撮影する被写体やシーンに合わせてチューニングできるというわけです。

で、なんかおもしろそうだなぁ、って思っちゃったわけです。

それにこのシグマの100-400mm、お値段のほうもずいぶん「ライト」なんです。

ほかのメーカーの400mmクラスのズームは軒並み20万円オーバー。ニコンのAF-S 80-400mm F4.5-5.6 G ED VRとかソニーのFE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSSなんかは税別で32万円もします。税別32万円っていったら、消費税だけで25,600円ですよ。わかります?

それに比べてシグマのなんと良心的なこと。スペック的には少し劣る部分もありますけど、よそのメーカーの半分から1/3のお値段に仕上げてくれてるんですからこれはほんとに素晴らしい。

フジフイルムのXF 100-400mm F4.5-5.6 R LM OIS WRが281,000円、キヤノンのEF 100-400mm F4.5-5.6 L IS II USMが30万円するところを、たったの105,000円。いいですか、400mmの超望遠ズームがたったの105,000円なんですよ。お買い得ですよね。

とか思っていたら。

生えてしまいました。

あはははは。

というわけで、100-400mmで撮った写真を何枚か貼っておきます。

望遠端の400mm。最近のシグマらしいシャープで気持ちのいい描写が楽しめます。
α7 II 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary F8 1/320秒 -0.7EV ISO100 400mm

手ブレ補正の効果もなかなか高くて、手持ちの望遠撮影でもフレーミングがやりやすいです。
α7 II 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary F6.3 1/500秒 -0.7EV ISO100 400mm

近距離で動きまわる被写体だと、ピント合わせには少し手こずります。レンズのせいじゃなくてカメラ側の問題ですけどね。
α7 II 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary F6.3 1/250秒 -0.3EV ISO100 291mm

望遠端の絞り開放。あまり大きくはボケませんけど、感じはなかなかいいです。
α7 II 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary F6.3 1/500秒 +1.0EV ISO640 400mm

空を撮ると絞り開放での周辺光量落ちがよくわかりますけど、これぐらいならワタシ的には許容範囲です。
α7 II 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary F8 1/800秒 -0.7EV ISO100 220mm

AF-C(コンティニュアスAF)モードで走る路面電車をねらってみました。思っていたよりずっと動きに対する追従性はよさそうな感じ。
α7 II 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary F6.3 1/160秒 -0.3EV ISO100 400mm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください