SIGMA fpにFotodioxのグリップを着けてアルカスイス互換化したのだ

Fotodiox SIGMA fp grip

外出をひかえている分、通販を利用する機会が増えたという人は多いらしい。

フィルムの時代はカメラやレンズは対面で買うのがあたりまえだったのが、最近は実店舗で買い物をする機会のほうが少ないぐらいだ。

実際、先日届いたパナソニックDC-S5も通販だし、DC-S5用のクイックシュープレート(SmallRigの商品名はLブラケットである)も通販だ。

それとは別にアメリカからの通販で買ったアイテムもいくつかある。今回はそのうちのひとつの話をする。

↑↑売ってるのはAmazonだけっぽいです。

SIGMA fpがカックンしないプレートが欲しかったのだ

peakdesign plate
ピークデザインのスタンダードプレートはfpのバッテリー/SDカードカバーとも干渉しないだろうと選んだもの。前側に少しはみ出るのも気になるポイントだった。

三脚はずっとネジ止め派だったのが、何年か前からアルカスイス互換派に転向した。

持っている三脚(と言うか雲台である)はアルカスイス互換のクイックシュー式か、ネジ止め式のにはアルカスイス互換のクランプを使っている。

ので、カメラにもアルカスイス互換のクイックシュープレートを取り付けている。

で、ここしばらくの懸案事項だったのがSIGMA fpである。

フルサイズ機としてはとても小型軽量なものだから、汎用のプレートの多くはバッテリー/SDカードカバーをふさいでしまう。

あれこれ探していけそうだったのがピークデザインのスタンダードプレートで、これだとバッテリー/SDカードカバーの開閉をさまたげることがない。

peakdesign plate
プレートのサイズが小さいので、そうっと置けば平気だが、バランスがいいわけでもないので、気がつくとこんなふうにカックンしてしまう。

ただし、小ぶりなプレートなものだから、机の上とかに置いたときに座りがよろしくない。

そうっとやれば水平に置けなくはない。のだが、ちょっと揺れたりするとカックンと傾いてしまう。それがおもしろくない。

ワタシ的にはSIGMA fpは見た目のきれいさ、かっこうのよさも魅力だと思っている。

それが机の上に置いたときにカックンしてしまうのはいただけない。がっかりになってしまう。

レンズ交換式カメラなので、着けるレンズによって前後に傾くのはいい。それは許せるのだ。が、左右に傾くのはいやだ。見ていてイラッとするのである。我ながら身勝手だと思いはするが。

でまあ、ある程度の大きさのあるプレートがあればいいのだが、バッテリー/SDカードカバーの開閉の邪魔にならないという条件でとなるとなかなかにきびしい。

小さなカメラなので、当然底面も小さい。相対的にバッテリー/SDカードカバーの面積が広いうえに、三脚ネジ穴の位置が微妙だったりする。

汎用のプレートでこれに上手くあてはまるものを見つけるのは至難のわざだろう。

スポンサーリンク

SIGMA fpにぴったりサイズの木製グリップ付き

Fotodiox SIGMA fp grip
で、手に入れたのがFotodioxのグリップ。正式名称はかなぁり長い。六角穴付きの取り付けネジを含めた重さは実測で63gだった。

で、専用タイプのを探すことにした。のだけれど、もとが小型軽量なカメラである。動画用としてはまた事情も違ってくるだろうが、静止画用と考えると身軽なスナップにぴったりなわけで、ぶっちゃけ「三脚使う気?」などと言われかねないカメラでもある。

ということも手伝ってか、専用タイプのプレートの選択肢がとても狭い。大手の量販店や通販サイトをあさっても、これは!というものにはなかなかお目にかかれない。

アルカスイス互換のプレートにグリップの付いたタイプはいくつか見かけたが、ワタシ的には縦位置用のレールのあるLプレートが理想なものだから見送りつづけてきた。

のだけれども、SIGMA fpの発売から早1年と少しがすぎたにもかかわらず、専用タイプのLプレートは出てこない。RRSやKIRKもスルー。SmallRigも作る計画はないらしい。

あきらめモードにひたりつつ、なにげにB&Hのサイトを眺めていたら、日本のAmazonあたりでも見かけたFotodioxのものだけあつかいがあった。

「FotodioX Deluxe Metal Camera Hand Grip for Sigma fp Camera with Wooden Accent and Battery Access」という長々しい名前が付いているが、どう見てもグリップ部が木製なのだから看板に偽りありである。

Fotodiox SIGMA fp grip
取り付けるとこんな感じ。底面全体をカバーするスタイルなので非常に座りがいい。グリップの色味もきれいでよい。

ちなみに、FotodioxはAF機能も使えるマウントアダプターなどもラインナップしているアメリカのメーカーで、アルカスイス互換のプレート(Camera gripsというカテゴリーに分類されているが)もいくつか出している。

お値段はあちらプライスで$59.95。あとでクレジットカードの請求額から計算したら6,600円ほどだった。日本で普通に買うよりは安いが、アメリカからの送料とかを考えたら微妙。でもまあ、ほかにも欲しいものがあったし、そのついでで買ってしまうことにした。

Fotodiox SIGMA fp grip
底面はこんな感じ。左手側半分ぐらいがアルカスイス互換のレールになっている。そして、ロゴとかの主張がやたらと強い。

見た目も座りもよくてプレートとしての機能もばっちりなのだ

Fotodiox SIGMA fp grip
おっさんのむさい手で申しわけないが、ホールディングはこんな感じである。手で隠れててなんも見えん状態だったりする。

ベース部分はCNC加工の金属製。おそらくはアルミニウム合金だろう。グリップ部はちょっとばかりなまめかしい曲線の木製である。

かたちがかたちなものだから、指を置く位置は限定される。個人的にはそういうスタイルはあまり好みではないのだが、グリップの上端に中指、へこみに薬指を当てる握り方をするとわりとしっくり決まる。

これだと人さし指をシャッターボタンに乗せたまま、中指の側面で前ダイヤルを回すことができる。なかなかに快適な操作が可能である。

人によってはヘコミに中指を当てて小指をあまらせる握り方のほうが合うかもしれない。そのへんは好き好きだと思う。

右手のひらに当たる角の部分が少し食い込む感はあるものの、45mm F2.8 DG DN Contemporaryぐらいのコンパクトなレンズとの組み合わせで使う分には苦にならないだろう。

バッテリー/SDカードカバーとの隙間が狭くてSDカードの取り出しがやりづらいのは気になるところだが、これはSIGMA fpが小さいことによるものなので我慢するしかない。

Fotodiox SIGMA fp grip
全部黒いから見えにくいだろうけれど、SDカードとプレートの枠の部分が近いものだから、SDカードを取り出すのはちょっと厄介。ワタシの場合、爪を短く切ったらアウトかもしれない。
Fotodiox SIGMA fp grip
アルカスイス互換と言っても、公開されている仕様や規格がないので、当たり外れもある。幸い、ワタシが持っている雲台やクランプは大丈夫だった。

あと、底面のロゴや品名の文字がやたらと大きくて目立つのもいかがなものかとは思う。見なきゃいいんだけどね。

そういうのを別にすれば文句はない。見映えは上々だし、機能的にも満足できる。もちろん、ワタシが使っているアルカスイス互換の雲台やクランプ(いずれもノブ締めタイプなので許容範囲は広めである)には問題なく取り付けられた。

なにより、机の上に置いたときの座りがよくなったのがうれしくて、こうやって記事を書いているあいだもキーボードの脇に置いたSIGMA fpを眺めてはにまにましている。

Fotodiox SIGMA fp grip
左手側側面にはRRSのBP-CSというプレートを付けているので縦位置もばっちり。この状態+ピークデザインのアンカー×2で794gだった。

↓↓Fotodioxのグリップが売ってるのはAmazonだけっぽいです。楽天とYahoo!ショッピングは出てきませんでした。

↓↓グリップを買ってからカメラを生やすという楽しみ方もあるとか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください